2009年08月11日

要介護認定等の更新手続きの書類が届く

 先週の某日、実家を訪れ、郵便受けを開けたところ、「介護保険 要介護認定等の更新手続きについて」なる書類が届いていた。
 思えば、親の介護問題にどっぷりつかり始めて何年になるかな。行方不明で何度か警察のお世話になったオヤジの件で、資料を読み始めたのが皮切り。オヤジの亡くなった後、今度はお袋の番。
 ひとたび認知症になってしまうと、介護度の数字自体は問題ではない。如何に良心的な介護サービスが受けられるか、これこそ家族にとっての最大の悩みになる。
 とはいえ、介護度で介護費用の負担額が異なってくるのだ。年金生活に入っている団塊の世代にとっては、自分の生活費を削る切実な問題ではある。
posted by レオン at 07:50| Comment(0) | 介護日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。