2009年07月04日

「永遠の仔」を読む

 久しぶりに長編小説を読む。最近小説に興味を失いかけている。長編となるとさらに身構えてしまうところがあり、軟弱に向かう世の中の流れに身を任せている。
 ベスト・エンターテインメントと言う言葉が気になり、買っておいたものの、長い間積ん読だった。ふと手に取って読み始めたら、止まらない。えーいこのまま読み始めよう。
 笙一郎が殺人を犯す動機がちょっと弱いな。救いを求めて罪を重ねるといことか。
 三人が再会したのに、こういう悲惨な結果に読者は苦い思いをするな。作者のたくらみがにくい。
 最後に、モウルのリュックサックを見つけたのがせめてもの救いか。
posted by レオン at 23:30| Comment(0) | 読書日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。